オンライン授業と対面授業、どっちがいいの?

 現在、新型コロナウイルスの影響により一気に広がったオンライン授業。ただ、オンライン授業の弊害で学習習慣が損なわれたり、理解が遅れたり、真面目に授業を受けなかったりしている生徒が小学生から大学生まで多く見受けられます。逆に、オンラインを上手く活用し、自分の好きな授業を好きな時に受けられる、どこにいても首都圏の優秀な先生の授業が受けられるなど、飛躍的に学力を伸ばした人もいます。では、オンライン授業と対面授業どちらがよいのでしょうか。 

 結論からいうと、勉強したい意思が強い人はオンライン授業、そうでない人は対面授業に合っています。

 なぜなら、オンライン授業はPC・スマホを使用するため、授業を受けるために開いたPC・スマホでゲームをやってしまったり、動画を見たり、SNSをしたりなど子どもの集中力を奪ってしまう誘惑が無数にあるからです。勉強をし始めて、ちょっとLINEを確認するつもりが、だらだらスマホをいじってしまって2時間経ってしまったなんてことが頻繁に起きてしまうのです。

 対面式の授業(学習塾)の場合、こういった心配はなくなります。スマホから物理的に離れ、人目がある環境で勉強したりすることで集中力を保って学習ができます。また、学習のモチベーションが下がったときに多くの塾では、勉強に気持ちを向ける声がけや目標を再設定してもらうことで、再び勉強に向き合えます。ただ、感染症リスクや通塾時間がかかる、夜間の外出が必要になるなど、対面授業のデメリットももちろんあります。

 なので、学習塾を選ぶ際は、オンライン授業と対面授業のメリット・デメリットをお子様に照らして合うかどうかという基準でお選ぶように注意しましょう。

閲覧数:18回0件のコメント