top of page

高校受験まであと1か月!追い込みの今、やるべきこととは

 こんにちは。新潟市西区のマンツーマンでおなじみの新潟桜塾です。私立高校受験日まで約1か月、公立高校入試まであと約2か月となりました。長いようで短いので、やるべきことをしっかり整理して、効率的に受験勉強をしていきましょう。


残りの期間にやるべきこと


➀苦手分野をなくす

全範囲を総復習することが受験には必要ですが、残り時間がわずかな今、苦手度合いが高いところから順番に復習を実施しましょう。また、出題頻度が低いところは後回しにするなどの戦略も必要です。



②ミスを減らす

計算ミスや漢字のミスなどをケアレスミスとして放置するのではなく、原因分析を行いましょう。どこがミスしやすいのか、なぜミスしてしまったのかを理解し、どういう工夫で改善できるのかというところまで対策を立てましょう。


③問題文を熟読する

新潟県の入試問題は問題文の中にヒントが多く隠されています。よくあるのが、問題文の読み取りを間違えて失点してしまうパターンです。また、わからないと決めつけて読み飛ばしてしまうケースもあるので、問題文から読み取れることを考えていくと正答率が上がっていきます。


 ➀から③を実践するためには、今までの模試や実力テスト、定期テストなどを見返すのが効果的です。それらがない人は志望校の過去問を解いて、テスト直しをすることでこれらを実践することができます。過去問は時間を図り、本番と同じような環境でやるのが望ましいです。自分の部屋ではなく、塾の自習室や図書館・公民館、フリースペースなど、やや騒がしいところでやると本番に近い形で練習することができます。


 残りの時間はわずかですが、できることはまだまだあります!明日から授業が始まりますが、受験に対しての勉強は別物です。しっかりと計画を立てて学習していきましょう!

閲覧数:10回0件のコメント
記事: Blog2_Post
bottom of page