英語って本当に必要?


英語が重要であることは皆さんご存じかと思います。ただ苦手意識がある、できないわけじゃないけど点数が伸び悩むなんてことはありませんか?中には、どうせ将来英語使わないし、スマホで全部翻訳してくれるよ、なんて生徒もおります。


 皆さんは語学を学ぶことの意味をご存じですか。どれが正解というものではありませんが、①外国人とコミュニケーションをとる、②外国語で書かれている文章を読むことができる、③言語を学ぶことでその国の文化を知る、④就職に有利、⑤洋楽の歌詞の意味がわかるなど様々な理由があげられます。

 「I LOVE YOU」をあなたはなんて訳しますか?もちろん、「あなたを愛しています」と訳すことも正解です。ただ、これを夏目漱石は「月が綺麗ですね」と訳しました。日本人の奥ゆかしさを表した表現ですね。つまり、100人いれば100通りの理解の仕方があるのです。実際、“I Love You” の訳し方という本では100 人の作家よる100 通りの訳が載っています。表現を学ぶということは相手をより理解することが一番重要です。これは翻訳機や英語を使わないこととは全く関係がないのです。

 まずは楽しく英語に触れることから始めてみましょう。

閲覧数:68回0件のコメント