【高3生へ】始めるなら今!総合型選抜(旧AO入試)・学校推薦型選抜対策!

 こんにちは!新潟で唯一の推薦対策特化塾 新潟桜塾です。高3生の皆さんは正しい志望校選び、受験方式の決定はできていますか?少しでも不安があるようでしたら今すぐ始めて行くべきです。


 総合型選抜まで約4ヶ月!ゴールデンウィークの過ごし方が、受験の合否を左右します。 総合型選抜入試は、早い大学だと例年9月に志望理由書等の提出があります。総合型選抜の合否は提出書類にかかっているといっても過言ではありません!つまり、残り時間はあと4か月しかないのです!


 では、志望理由書はどのように書けばよいでしょうか。単に大学に入る理由を書けばよいかというとそうではありません。いかに大学のアドミッションポリシーと自分の現在・過去・未来がマッチしているのか根拠立てて書く必要があります。また、小論文と違い、志望理由書は何度でも書き直すことができます。つまり、早くから準備を始めた方が圧倒的に有利なのです!


 また、部活動や検定も特別がんばってないし、内申点もそれほどよくないし…と思っている方も総合型選抜には挑戦できます!なぜなら総合型選抜は自分の将来に意欲的に取り組んでいる人が合格するからです!


 だから今からでも実績を作ることは可能です。たとえば、医療に興味を持っている人がいるなら病院や福祉施設でボランティアをしたり、消防署で救命の資格を取ったり(1日講習を受ければ取得できるものもあります)、特殊な病気について調べたりなどは今からでもできます。他にも経済に興味がある人ならアンケートを作成して、同級生やSNSでデータを集めてマーケティングを行ったり、生物に興味がある人なら身近な生き物の生態を調査したりなど実体験に基づく実績を作ることが可能なのです。


 しかし、これらは学校の勉強と両立させる必要があるので、ある程度早くから取り掛かる必要があります。ですので、このGWで自分の志望校を見つめ直し、総合型選抜・学校推薦型選抜を受験する資格があるのであれば是非挑戦してください!!


正しい志望校の決め方はこちら ↓

【高校生】志望校ちゃんと決まってる?


 新潟の高校では学校の先生はそれほど、総合型選抜・学校推薦型を勧めてはいませんが、合格することが受験においては何より大切です。機会を損失しないように気をつけましょう。


 新潟桜塾では、自己分析から志望校決定、志望理由書・小論文・面接対策などあらゆる総合型選抜・学校推薦型に対応しています。気になった方は是非、メール・LINEにてご質問・ご相談ください!

閲覧数:16回0件のコメント